世界初のオーガニック認定を所得した
脱ステロイド 竹酢液 アトピー 性皮膚炎 民間療法 アロマセラピー

  • 当商品はACO認定された商品です。
  • 変化を感じる。オーガニックのススメ。

竹酢液 アトピー性皮膚炎  オーガニック商品一覧

    Lactic acid bacteria(乳酸菌)・ Bifidobacteria(ビフィズス菌)でアトピー改善

    最近の研究で、Lactic acid bacteriaやBifidobacteriaがAtopic dermatitis(アトピー性皮膚炎)に効果があることがわかってきました。では、どのように作用してAtopic dermatitisを抑えてくれるのでしょうか。また、どのような種類のLactic acid bacteriaやBifidobacteriaが効果的なのでしょうか。
    Atopic dermatitisを緩和させるLactic acid bacteria・Bifidobacteriaの作用
    以前は子どもがなるものと考えられていたAtopic dermatitisですが、現在では大人になってから発症する人も増加中。Atopic dermatitisの原因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝によるアレルギー体質のほか、ストレスや食生活など生活環境が関係して発症することもあるといわれています。
    ●Atopic dermatitisのメカニズム
    Atopic dermatitisを含むアレルギーは、人間の体に備わる免疫機能が異常な反応を示したときに起こる症状です。
    免疫機能の主役は、白血球内のリンパ球に存在する免疫細胞です。免疫細胞には、NK細胞やキラーT細胞、B細胞などさまざまな役割を持つ細胞があり、ウイルスなどの外敵が侵入すると攻撃して退治します。その際、次に同じ敵が攻めてきたときに即攻撃ができるよう、「IgE抗体」を作ります。この抗体が過剰に作られることで、アレルギー反応を引き起こす要因になります。
    また、免疫細胞である「Th1細胞」と「Th2細胞」も、アレルギー反応を起こす要因に。「Th2細胞」にはアレルギー反応を促す働きがあり、「Th1細胞」にはアレルギー反応を抑える働きがあります。このふたつのバランスが崩れることで、アレルギーが発症します。
    ●Lactic acid bacteriaやBifidobacteriaがAtopic dermatitisを緩和させる仕組み
    Atopic dermatitis患者は、腸壁のバリア機能がもろくなっている特徴が見られ、その部分からアレルゲンが侵入しやすくなります。Lactic acid bacteriaやBifidobacteriaには腸内環境を整えて、腸壁を修復する働きがあり、アレルゲンの侵入を抑えます。
    また、「IgE抗体」の働きを抑えたり、「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスを整えたりする働きもあり、これによってアレルギーの発症を抑える効果も期待できます。
    Atopic dermatitisに効果が期待できる菌の種類は…
    Atopic dermatitisのアレルギー反応を緩和させる効果が期待できるものには、以下のようなLactic acid bacteriaやBifidobacteriaがあります。

竹酢液 Atopic dermatitis  新着情報

  • 2015.11.18植毛アスク井上クリニックを追加しました。
  • 2015.07.25健医会 濃厚濃縮青汁を追加しました。
  • 2010.05.12ベリーラジカルファクトシートを追加しました。
  • 2010.05.11webサイトをリニューアルしました。
  • 2010.05.09モバイルサイトオープンしました。
  • 2010.05.08マイエッセンスコスメを追加しました。
  • 2010.05.07ACOって何?ページを更新しました。

竹酢液 アトピー性皮膚炎 オーガニック・おすすめサイト

アスク井上クリニックのi-SAFE植毛の幅広い症例あり

アスク井上クリニックは植毛は幅広い症例あり

植毛・自毛植毛専門のアスク井上クリニック。i-SAFE式植毛の治療例や体験者の声、費用の目安などをご紹介。自毛植毛・植毛は、薄毛だけでなくキズ・火傷にも対応。

ウェルネス梅田の植毛は幅広い症例あり

ウェルネス梅田クリニック

植毛・自毛植毛専門のウェルネス梅田クリニック。ボズレー式植毛の治療例や体験者の声、費用の目安などをご紹介。自毛植毛・植毛は、薄毛だけでなくキズ・火傷にも対応。